失敗しない!物件選びのコツ!

物件は日中と日暮れ時、晴れと雨の日の双方を見ておきたい!

賃貸物件を選ぶ際には、状況の違う時に最低2回は見ておきたいものです。晴れと雨の日、昼間と日が沈んでから、この双方を見ることでいろいろなことが分かります。
雨の日や夕暮れに訪れただけでは、その部屋の日当たり具合は分からないでしょう。日当たりは光熱費や洗濯物の乾き具合にも大きく関係してくる重要な点なので、しっかり確認しておきたいものです。
日当たりだけでなく、治安面や静けさなどを知るためにも、日中と夜の両方を見ておきましょう。例えば昼間の案内では気付かなかったものの、住みだしてから夜になると近所のスナック客の出入りが多くて酔っ払いなどもいて困るということもあります。セキュリティのために物件周りの夜の明るさなども知ってから、契約したいものですね。

建物ばかりでなく、周囲の環境チェックも忘れずに!

物件の案内の際は、ついつい建物のことばかりが気になってしまい、周囲の環境を見ずに帰ってきてしまう人も見られます。
けれどもいくら綺麗で機能面に優れた建物であっても、周囲に商業施設がなかったり治安が悪かったりすると、住みにくいでしょう。
最寄りの駅までの距離やスーパー、銀行などの場所なども、きちんと確かめておきたいものです。また壁に落書きが多かったり、道や公園にゴミがたくさん落ちていたりする場合、あまり治安が良くない可能性もあります。そのほか、ハイツなどではゴミステーションの場所や状態もチェックしておきましょう。ゴミの日でないのにゴミが散乱している所は、ルールを守らない住人が多いことになりますし、衛生面でもゴキブリが出やすいなどの問題が生じます。
住みやすい物件選びのコツとして、建物だけでなく周囲の環境にも目を向けることは需要です。

帯広の賃貸は一人暮らしのサポートをしているので新生活を始めやすいです。割引プランも充実しているので賃料も安いです。